佐伯市営住宅

市営住宅の管理者が変わりました

平成23年4月1日から、大分県住宅供給公社が佐伯市に代わって佐伯市営住宅の管理を行うことになりました。
管理者の変更に伴い、手続きに関する窓口や書類等の一部に細かな変更がございますが、基本的な管理につきましては従来と大きく変わることはありません。

何卒ご協力賜りますようよろしくお願い申し上げます。

4月1日から大分県住宅供給公社が行う業務

  • 入居者の募集、受付から決定並びに退去に関する業務
  • 入居者にかかる連絡、相談、指導等に関する業務
  • 住宅及び施設等の維持修繕に関する業務
  • 家賃の徴収に関する業務

※家賃の決定に関すること、大規模な修繕工事に関する業務等は引き続き佐伯市が行います。

市営住宅とは

(1)入居者の資格と義務
市営住宅に入居するには、所得の制限が設けられているなど、申込資格が法令等により定められています。また、市営住宅は公共の財産ですので、その使用に関する制限や入居者の義務なども法令等で定められています。
(2)家賃について
市営住宅の家賃は、申込者(入居者)世帯の収入と、住宅の立地条件、面積、築年数、設備等を加味して毎年決定されます。そのため、入居後は、毎年世帯の収入状況等についてご報告(収入報告)していただきます。
(3)共同生活のルール
市営住宅は共同生活の場です。皆様が快適な生活を送れるようお互いに心がけていただくとともに、共同生活のルールを守っていただきます。
また、市営住宅では、犬、猫、鳥などのペットの飼育をすることはできません。ただし、障がい者補助犬(盲導犬、聴導犬及び介助犬)は除きます。
(4)自治会活動
外灯、共用水道等の使用料やその部品の取替費用、集会所の維持管理費など、団地内の共用施設を維持するための費用は、家賃とは別に共益費として入居者の皆様で負担していただきます。
また、団地の清掃などの自治会等の活動にもご参加・ご協力していただくことになります。

申込みから入居まで

(1)申込みから入居までの主な流れ

募集期間中に、申込書等を窓口に持参し、お申し込みをしてください。
募集している住宅ごとに、抽選により仮当選者を決定します。
仮当選された方には、入居資格審査に必要な書類を提出していただきます。
ご提出頂いた書類をもとに、入居資格審査を行ないます。
入居資格審査で合格となった方は、入居に必要な手続きを行って頂いただいた後、ご入居となります。

※詳しくは募集情報のページに掲載している「佐伯市営住宅入居者募集案内」をご覧ください。



(2)必要書類に関する書式のダウンロード



PDFデータをご覧になるためには、Adobe Acrobat Reader(無償)
必要です。